世界を見ればたくさんの顧客が

ひとつひとつの商材を大きなチャンスに変える。
新たな可能性を見つけ出す。
市場を拡大して新たにお客様を獲得する。
お店や企業の業績アップを考えたときに、これらは避けては通れない命題です。

企業どうしの競争が激しくなり、人の行き来や通信状況が激変しているここ10年、
そんな新たなフィールドを目指す方向性として、経営と情報発信のグローバル化が重要視されるようになりました。

グローバル展開を行うための方法にはさまざまなものがあります。
その中でも、世界中に向けて一度に展開が可能なインターネットの活用は、大きな費用対効果をもたらすとして、もっとも注目されるようになっています。

webサイトを多言語対応にするためのポイント

世界じゅうを対象にしてお客様の獲得をお考えであれば……
間違いなく必要になりますので、web制作・ホームページ作成の際には、同時に多言語対応しておくことをオススメします。後日、別途追加するより費用を抑えることができます。

クリック一つで世界中とつながる少なくともターゲットとする国の言葉で書かれたページを、すべてではないにしろ表示できるようにしておかなければ意味がありません。

最近のマーケティング手法で多く活用されるようになった動画に関しても、翻訳字幕を入れたものを制作しておくことを忘れないようにしてください。

また、ターゲットとする国によってインターネット接続や使用端末の状態が異なりますので、状況をよく調査しておいたほうがよいでしょう。
それにもとづき各ページのファイルサイズや最適な表示サイズなどに気を配っておかなければ、国内では問題にならない原因で、現地では見づらい、あるいは満足に見られないといったこともありうるのです。

Webサイトや動画を多言語化することの効果

新しい文化や機会との出会いを求めて世界じゅうの人が便利に使え、様々な情報を入手したり配信したりできるインターネット。
だからこそ、個人でも大企業でも、活用の仕方によっては大きな利益を生み出す場合もあります。

細々とやっていた地域の菓子店の1商品がたまたまインターネット上で話題になり、その結果、直接店頭に買いに来る人が増えた。
インターネット上での通販を行うようになり、デパートの物産展などにも出品するようになった。

あなたは、そんな話を聞いたことはありませんか? 実はこれ、日本国内で起こる話だけではありません。

発信の対象を海外文化圏に広げることで、需要の増加、あるいはまったく新しいマーケットが創出される可能性は大いにありえます。
国内では反応が弱かったものでも感性の違う他文化圏の方々に人気が出ることもあります。

もちろん厳密なマーケティングは不可欠ですが、日本好きの海外ユーザーをターゲットに情報配信し、評価を得たものを海外ヒット商品として国内で販売するといった手法で、全体の顧客数増加に繋げるといった戦略を考えることも可能かもしれません。

多言語化が必須となる今後に対応できるwebサイト制作

2015年4月8日
世界を見ればたくさんの顧客が

企業にホームページは不可欠。これから制作するなら多言語対応を意識したサイト構造やシステムにしておくことで、グローバル展開が可能に。YouTube動画での字幕機能も効果的です。

なぜデザインを優先してつくるとホームページ運用はつまずくの?

2015年6月26日
ホームページの運営はうまくいっていますか?

「お店のカラーに合わせ、こんなデザインにしたい。」ホームページ制作では、こんな最初のプロセスは大きな間違い。あなたが本当にやるべきこととは?

アクセスアップしたいなら。SEO以前にやるべき5つの対策

2015年12月4日
どうすれば人が集まる?

SEO対策だけでは不十分。アクセスアップのために、ネット上のさまざまなサービスをうまく使って導線を張り巡らしていきましょう。

今さら聞けないインターネット基礎用語を再確認

2015年8月16日
インターネット通信網は世界中を網羅しています

ホームページの更新ぐらい大丈夫と思っていたけど、用語の意味や仕組みが予想以上に分かっていなかった。そんなことになる前に基礎の基礎を再確認。