佐賀市内での講座より

在宅業務を求める人が増えています

佐賀市にあるNPO法人ひとり親ICT就業支援センターさんにて、住友商事さんとMASCさんの援助を受け、主に聴覚障害者に対応した字幕をプロレベルで作成できる制作者を養成するための講座が、2月1日より始まりました。

期間は約3か月。お仕事を持ちながら週末2日間通われ、空いた時間に課題をこなすスタイルでは正直言って全てをマスターするには短いのですが、それでも限られた時間を有効に使って120%吸収しようと、皆さん本当に熱心に取り組んでおられます。

将来の自分の可能性にチャレンジする
皆さんを応援します

聴覚障害者用の字幕と呼ばれるものの制作に携わる人は、放送用を含めてけっこうな人数になってきている昨今ですが、実際に数々の映像媒体とともに提供されているものが、本当に当事者目線になっているかどうかといえば……

私たちの講義では、文字で映像の中の音を伝えるという、困難な「翻訳作業」の完成度を上げるために、どうすべきかを体得していただくことを主眼としています。そのために、自分目線で培われ常識に縛られた今の感覚を疑えというところからはじまり、 聴覚と感情との結びつき、いわゆる字幕としてのお作法部分、文字や漢字表記の方法、映像作品の読み解き方などなど、幅広い方向からの知識をお伝えしています。字幕ソフトの使い方やPCスキルの部分もあるのですが、仮に字幕制作ソフトが使えたとしても、聞こえない状況で音の情報がきっちり伝わる字幕が作れるようになるわけではないのです。それは、ワープロソフトが使えるだけでは文筆家になれないのと同じこと。

きっと将来、受け手側の立場で「伝える」を担う制作者がたくさん増えることを願って次回も飛行機に乗ります。

2019年末から2020年年始の営業について

2019年12月13日

当社は2019年12月30日まで営業いたします。新年は2020年1月6日(月)から営業しております。

消費税法改正に伴うお知らせ

2019年9月2日

2019年10月1日から全てのご利用料金で消費税率10%が適用されます。

「おこ助Pro3」特別提供版 販売終了のお知らせ

2018年12月2日

新年より「おこ助Pro3」の販売形態は、これまでの通常版と、期間ライセンス版の2種類へと変更になります。

おこ助と映像や字幕 最初の一歩をマスターする短期講座を開講

2018年8月1日

「おこ助Pro3」の効率的な操作方法や字幕の作成の際に知っておきたい動画の技術的な知識などをご紹介する2部制の講座です。おこ助Pro3のさまざまな機能と映像に関する知識をマスターしていただく絶好の機会! 皆さまのご参加をお待ちしております。