字幕講座 in エコギャラリー新宿

物事をきっちりと伝えられる人を増やしたい

国の政策に基づいて2013年から各自治体で行われている「ひとり親家庭等在宅就業支援事業」。

そのひとつのケースとして、映像作品に対する情報保障のための字幕制作を行う専門家を育成しようと、住友商事さんをはじめとした企業、NPO団体、そしてメディア・アクセス・サポートセンターと一緒に、これまでたくさんの方々に対して講座を開講、実施してまいりました。

そのシリーズ最終段は都内新宿です。

音を文字でどこまで再現できる?

情報保障のための字幕といえば、ほとんどの場合、聞こえない、聞こえにくい人が対象のものを考えがち。

でも実際は、映像情報に接している一般の人や国内にいる外国の人なども条件に応じて必要になるもの。メディアやライフスタイルが多様化している時代だからこそ、考えなければいけない問題なんですね。

目指す字幕の役目は「音に含まれる数々の情報を可視化し、音がない状態であっても分かるように伝える」こと。

話し言葉と書き言葉は同じではありません。そして音だけで伝わっている情報は実際には無数に存在します。聞こえたまま、ただ文字に書き並べただけでは、音がない状態でそれを見ても意味合いはほとんど伝わらないのです。つまり必要なときに“分かるように”というところが一番難しいわけです。

伝える相手は多くの個性ある方々。そのニーズや特性を理解していることはもちろん、文字を扱うスキル、言葉を操る力、映像・音響の意図を拾い上げる力などを身につけた人が情報保障の字幕制作を行わないと、それを必要とする人は、曲がった情報や劣化した情報を受け取ることになってしまいますよね。

そういった現実に対しての責任を自覚した方々を現場にたくさん送り出すことでハッピーな社会づくりに貢献するというのが私どもの考え方なのです。

講座は応用編の2期を含めて5月末まで続きます。

2019年末から2020年年始の営業について

2019年12月13日

当社は2019年12月30日まで営業いたします。新年は2020年1月6日(月)から営業しております。

消費税法改正に伴うお知らせ

2019年9月2日

2019年10月1日から全てのご利用料金で消費税率10%が適用されます。

「おこ助Pro3」特別提供版 販売終了のお知らせ

2018年12月2日

新年より「おこ助Pro3」の販売形態は、これまでの通常版と、期間ライセンス版の2種類へと変更になります。

おこ助と映像や字幕 最初の一歩をマスターする短期講座を開講

2018年8月1日

「おこ助Pro3」の効率的な操作方法や字幕の作成の際に知っておきたい動画の技術的な知識などをご紹介する2部制の講座です。おこ助Pro3のさまざまな機能と映像に関する知識をマスターしていただく絶好の機会! 皆さまのご参加をお待ちしております。